琉球大学 研究推進機構 戦略的研究プロジェクトセンター
とんがり研究:文化多様性

狩俣繁久 教授 かりまた しげひさ

国際沖縄研究所 副研究所長

グローバル教育支援機構 副機構長

法文学部国際言語文化学科(併任)

琉球諸語における 「動的」言語系統樹システムの構築をめざして

 琉球列島には約1千キロメートルにも及ぶ広大な海域に57の有人島が点在し,約800の伝統的な集落があるといわれています.このうち,150以上の集落で音韻,文法,語彙,歴史言語学など,言語学的な調査をおこなってきました.琉球方言の大きな特徴は,地域的なバリエーションが大きいことにあります.たとえば与那国島祖納集落では3個の母音しかないが,奄美大島笠利町佐仁集落では18個もの母音があります.琉球諸語のおもしろさとは,その多様さだけではなく,日本語からの分岐が古いため,日本語を客観的に相対化できるという点にあります.

 このような基礎語彙を中心とする研究業績は,本学図書館の琉球語音声データベースや沖縄島北部やんばる方言の言語地図としてまとめました.

 

これまでの研究

 このプロジェクトでは,奄美・沖縄の言語的多様性を体系的に理解するために,生物学の系統樹を応用した「言語系統樹」による分析システムの開発に取り組みたいと考えています.言語学的なバリエーションを視覚化することで,なぜ差異が生まれるのか,いつの時代に分岐したのか,なぜ言語的な境界が維持されているのかなど,社会学的,歴史学的,民俗学的な研究テーマに広がることができる可能性があります.そして,将来はこの「小さな個性ある方言」の継承のために,これらの学問分野の知識を統合した「言語系統地理学」という学問分野を切り開きたいと考えています.

このプロジェクトで目指すこと

写真:1980年代から基礎語彙を中心とした調査票.全集落調査を行っている.

 

主な論文

かりまたしげひさ(2014)消滅危機言語の教育可能性を考える—多様な琉球諸語は継承できるか—,藤田陽子・渡久地健・かりまたしげひさ(編),pp. 263–279.島嶼地域の新たな展望—自然・文化・社会の融合体としての島々—.九州大学出版会,福岡.

かりまたしげひさ(2009)琉球方言・言語地理学研究小史.琉球アジア社会文化研究,(12): 55–68.

かりまたしげひさ他(2006)やんばる言語地図.名護市史編さん委員会,名護市史「言語」編専門部会(編),pp. 308–611.名護市史本編 10 言語.名護市役所,名護.

Copyright (c) 2015-2016 University of the Ryukyus