学術ニュース

2018年 9月11日

子供の生き残りをかけた“適応”は,親の世代から始まっている?

博物館(風樹館)の加藤三歩 協力研究員らの研究チームは,シロオビアゲハの翅の模様がエピジェネティック効果を介して子に伝えられていることを明らかにしました.

研究成果は英国の科学雑誌「Scientific Reports」誌にオンライン掲載されました(詳しくはコチラ).

原題:Ultraviolet exposure has an epigenetic effect on a Batesian mimetic trait in the butterfly Papilio polytes

著者名:加藤三歩・立田晴記・辻 和希

  学術ニュース

2018年 8月 1日

グレートバリアリーフ掘削試料が明らかにした未知の急激な氷床変化

 理学部の藤田和彦 教授が参加する研究グループは,グレートバリアリーフの掘削試料の分析から,今から約2万年前の最終氷期最盛期に2段階の海面低下とそれに伴う急激な氷床発達が起きたことを明らかにしました.

原題:Rapid glaciation and a two-step sea-level plunge into The Last Glacial Maximum

掲載誌:Nature, 559巻 603–607頁.

  学術ニュース

2018年 8月 1日

東南アジアと日本列島の人類集団の起源

 コペンハーゲン大学が中心となって医学部の石田 肇 教授が参加する国際的な研究チームは,日本列島の縄文時代遺跡や東南アジアから発掘した26個体(日本からは1個体)の人骨のゲノム解析により,日本列島や東南アジアの人々の起源と分散過程を明らかにしました.

 研究成果は2018年7月6日に国際学術誌「Science」に掲載されました.

原題:The prehistoric peopling of Southeast Asia

掲載誌:Science, 361巻 88–92頁.

  学術ニュース

2018年 6月12日

セミの共生菌は冬虫夏草から進化した

 琉球大学 熱帯生物圏研究センターの松浦 優(まつうら ゆう)助教らの研究チームは,沖縄を含む日本各地から採集したセミ類24種の共生微生物(細菌と真菌)を大規模に調査し,15種のセミから祖先的な共生細菌が失われ,その代わりに寄生性の冬虫夏草を起源とする真菌類との共生関係が繰り返し進化してきたことを発見しましたこの成果は2018年6月12日に国際学術誌 Proceedings of the National Academy of Sciences USA(米国科学アカデミー紀要)にオンライン掲載されました.

原題:Recurrent symbiont recruitment from fungal parasites in cicadas

著者名:松浦 優,森山 実,Łukasik Piotr,Vanderpool Dan,棚橋薫彦,孟 憲英,McCutcheon John,深津武馬

詳しくはこちらから

論文HPへ

  学術ニュース

2018年 5月25日

もしヒアリの野生コロニーが発見されたら

 今後,日本でヒアリの野生巣がもし発見されたら,どんな努力が必要か.東京工業大学博士課程大学院生の有子山俊平氏と,辻瑞樹 琉球大学・鹿児島連合大学院教授(ペンネーム 辻 和希)の共同研究グループはヒアリの早期発見と駆除の戦略を理論的に提案しました。本研究成果は、2018 年 5 月 23 日に,英国の科学雑誌「Scientific Reports」にてオンライン掲載されました.

原題:Controlling invasive ant species: a theoretical strategy for efficient monitoring in the early stage of invasion

著者名:Shumpei Ujiyama & Kazuki Tsuji

プレスリリース

論文HPへ

Copyright (c) 2015-2016 University of the Ryukyus